どうしたら?目的論で考えてみる

2022年7月12日(火)

思うような結果がでない時!

人は落ち込みマイナスの感情に支配されることがある

フラれたり・・婚活してもなかなか良い人と巡り合えないジレンマに陥ったり・・

結婚に辿り着けない↓↓

ずっと、思うようにいかないと「ダメかも・・」あきらめの感情が作用していく。

「婚活疲れ」

こんな言葉もよく目にする

低迷期に自分をどう対処すればいいのか?

「なぜ」

「なぜだろう?」

「どうしてだろう?」

この考え方はとても大事だ

ダメな原因がどこにあるのか?

問いを常に投げかけられる人は「できる人」

「自分の現実を理解したい」というポジティブ思考な人だと思う。

しかしこの「なぜ?」プラスしてほしい考え方を今日は提案したい

なぜの先にある「どうしたらいい?」という考え方だ

「どうしたら?」とは未来への提言を自分で生み出すこと

過去への追求だけに留まらないで、自ら「解決策」を生み出すこと

例えばなぜ?を分析して「ここが問題あったかも・・」課題が見えてくることがある

問題は課題を解決しどう未来に繋げていくかが大事であって・・最終的な目的を叶えることにある

目的論

「どうしたらいい?」思考を常に未来へ振ってみる。

「どうしよう・・↓↓」ではなくて・・「ではどうしたらいいの?↑↑」と考えてみる。

「なぜこうなったの↓」は・・別の見方をすると自分を追い込むことでもある

「やっぱり俺は〇〇だから」できなかった・・とか「私はこうだから・・ダメだった」とか・・「なぜ」ばかりに囚われていると欠点ばかりになり解決する前に落ち込んでしまう

それよりも、終わったことは事実として受け止め、反省すべきことはして、問題はその先の未来を見据える事!

ならば・・あなたは「どうしますか?」「どうしたら・・解決するの?」を模索してみる

自分にこの「どうしたら?」と目的論で物事を考えられるようになると人生が明るくなる

楽しくなる

是非「どうしたら?」目的論を持ってほしいと思う

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。