婚活がうまくいく人の2つ特徴

今日という1日をどう生きるかで
明日という未来の1ページが塗り替えられていく

道なき道に今日も道を作り続ける

こんにちはシングルマザー専門、バツイチ、再婚に特化した結婚相談所ジャック&ジルの大竹です。

「婚活が成功した人」

成婚できた人をこれまで見てきて感じたこと

大きな特徴を2つ書きます

この2つは成婚する上で欠かせない大事な要素だと思います

是非参考にしてみてください

(1)素直で謙虚な人

素直で謙虚な人は必ず良い人とめぐり逢えます

世の中はそうなっていると思います

素直な人は、自分の欠点を受け入れて

「改善」できます

「欠点」に気が付けます

「気付き」は人生でとても大事なことだと思います

大人になると知らず知らずのうちに定着し、染みついた良くないクセがあります

自分が全く気が付いてないこともあります

また気が付いているけど修正できないこともあります

他人が見て「ここは直した方がいいよ」ということもあります。

大人になると、指摘してくれる人も周りにいなくなり自分を客観視できなくなります。

婚活においてもそれはマイナスです

「ダメだった時」理由を知ること!!

確かに傷付きます

しかし知ることでマイナスを改善できたら、次にプラスになります

気付を与えてくれる存在に出逢うことができたら

結果的にダメでも、人生ではメリットになります

先日交際終了になった男性がいました。

理由を聞いたら、色々ありましたが、その1つが、食事の際の「食べ方が気になった」
「イヤだった・・」

女性が感じた男性のマイナス要素

お断り理由の1つです

音をたてて食べる「祖雑音」ですよね。

それが気になってデート継続が難しいと感じたとのことでした

食べ方でしたが・・

身だしなみ、言動に関して面と向かって直接本人に言えないことが婚活ではよくあります

「鼻毛が伸びていてイヤだった」

こんな理由もありました

「本人は楽しそうに自分のことをガンガン話しているけど・・」

「私には何も聴いてくれない!」

「勝手に1人盛り上がっている」

本人は気が付いていません。

自分では盛り上げていると思っています

こうしたことをどう感じるか??

受け止めるか?

ちょっとしたことですが、他人が見て、感じる不快感を修正できる人

マイナス要素に気が付ける人

現実を知り

修正できる人は成婚できます

マイナスを意識し「改善」できたら・・

変われます

それは人生で自分にプラスを齎します

結婚してからも同じことは言えます。

お互いに信頼ができればこそ!!

それぞれの欠点を補い

修正し

高め合い

認め合い

成長し合える関係性を築けたら素晴らしいですよね

「なるほどそうか」
「そうだようね」

「わかったそうする」
「そうだったのか」

これが言えます

素直で謙虚な人は好かれます

婚活、うまくいきますよ

(2)人によって接し方がかわらない人

人によって接する態度が違う人は誰からも好感を持たれません

例えば、立場によって横柄だったり

乱暴だったり・・話し方を変える人

態度を変える人!

こんな人は婚活うまくいかないと思います

婚活が成功した人を見てみてきて感じることは

皆さん「良い人」ということです

良い人とは??

明るくて、真面目、誠実、思いやりがある

当たり前のことですが

きちんと約束は守る

ルールを守る

言い訳しない

メールの返信においても言葉や文章が丁寧

受け取る側の気持ちを考慮してくれている

誠意が込められている

悪口を言わない

これは婚活に当然直結しますよね

「信頼される人とはどんな人??」

当たり前のことを当たり前にできて

相手の立場を思いやれる人だと思うんです

「女性に対してはマメだけど・・」

「違う立場の人にはいい加減だったり・・」

「上司の前では謙虚だけど、部下には偉そう」

「好みの女性には優しくて沢山話しかけるけど・・」
「好みじゃない女性にはあまり話しかけない」

人によって態度が違う人は信頼されません

「信頼されない」=「応援されない」

この現象は、人間が生きていく上で、大事なことだと思いました

まとめ

素直で謙虚

誰に対しても同じ態度

同じ接し方であること!!

とても大事だと思います

傲慢とか過信とかよく耳にする言葉ですよね

自信と過信は違います

「自分は大丈夫」「このままでOK」と過信すると

自分のマイナスに気が付けません

指摘されて、仕事においても、傷つくことありますが・・

それは結果的には、ダメだった自分を修正できます

是非参考にしてみてください

お問合せ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。