この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である

2022年6月18日(土)

「この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である」

何をしてもらっても、当たり前と思い、感謝の心がなければ、不平不満ばかり出て、幸せを実感することはできないと思う
 
感謝できる人が幸せなのであり、その感謝を「ありがとう」という言葉で表現すると、相手も「喜んでもらえてよかった」と嬉しく笑顔になる

自利利他(じりりた)という言葉がある
 
仏教の言葉

自利とは自分の幸せ、利他とは他人の幸せ。

自分の幸せがそのまま他人の幸せになり、他人の幸せがそのまま自分の幸せになるという意味

結婚とは、まさしく、これである

自利利他を思う時に、その原型は「ありがとう」の感謝の言葉、想いである

「ありがとう」がない人は幸せになれない

感謝がない人は良いことが起こらない

自分自身、いつまでも、永遠に、感謝できる人間でありたい

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。