「一隅を照らす、これ国の宝なり」

2022年6月14日(火)

仕事について考える時、必ず読む本がある。

尊敬する田坂広志先生の著書

「未来を拓く君たちへ」

何十回読んでも素晴らしい本

この中に、こんな一説がある

「一隅を照らす、これ国の宝なり」

たとえ、この世の中の片隅を照らす、ささやかな仕事でも、その仕事に心を込めて取り組むならば、

それは、国の宝と呼ぶべき、尊い仕事である

この言葉を刻んでほしい。

そして、この言葉を思い出す時、この言葉の奥に、大切な問いがあることも、思い出してほしい。

一隅を照らす

「その時、我々は、何を見つめ、その光を照らすか。」

「何を見つめ、この時を生きるか。」

そのことを、思い出してほしい。

では、我々は、何を見つめて、生きるべきか。

「歴史」を見つめて、生きる

そのことの大切さを、忘れないでほしい。

とても心に響く、田坂先生の言葉

「自分と向き合いたい時」

いつも側にある本の言葉が、自分に勇気を与えてくれることがある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。